TOP / ブログ

技能実習生 受け入れメリット

近年日本の労働力不足が問題になっており、技能実習生を受け入れる企業が増えています。

しかし今まで技能実習生を受け入れてない企業からすると「受け入れるメリット」がわからないという人も少なくありません。

今回は技能実習生を受け入れるメリットをお伝えします。

技能実習生とは?

技能実習制度は開発途上国の人に日本の企業で技術や知識を習得し、帰国後に習得した技能を活かし母国の経済発展に活かしてもらうようにサポートする事を目的としています。

受け入れの方式

外国人技能実習を受け入れるには「企業単独型」「団体監理型」の2種類あります。

「企業単独型」は、日本企業の現地法人が現地で職員を直接受け入れるもので、申請手続きなど受け入れ企業がすべて行なう必要があります。

「団体監理型」は、事業協同組合等が受け入れ窓口となって実習生を受け入れ、組合に加入している企業で技能実習を実施します。多くの企業では団体監理型を利用しています。

技能実習生受け入れのメリットは?

外国人技能実習制度の活用とメリットは、仕事を求める技能実習生だけではなく企業側にもあります。

この制度は技能実習生の転職がないため、安定した職に就けるというのが最大のメリットで、外国から来た実習生は生活への不安を感じることなく働けます。

また、母国の経済発展のために日本に訪れている技能実習生は積極的で向上心が高く、実習生を受け入れる企業側も、安定した人材の確保と職場の活性化やグローバル化につながる可能性があります。

人材確保と雇用の安定が図れる

企業が日本人を雇用する場合では、求人しても応募が無かったり、採用して教育費などのコストをかけても1~2年程度で離職され 定着率が悪い等の問題があります。

技能実習生制度を利用すると技能実習は転職がないので3年、もしくは5年と定められた期間で雇用する事が可能のため、技能実習生は計画的に継続的に配置も可能で、人手不足による人材確保と雇用の安定が図れます。

最低3年間の在籍を確保!

技能実習生は、就労の1年経過後に技能の評価試験があり比較的簡単な加点方式で、100点満点中60点以上をとれば合格!

評価試験で合格した実習生を、最低3年間の在籍で安定した人材を確保できるのです。

採用リスクを最小限に抑えられる

外国人実習生の受け入れまでには多少時間がかかる事や、書類作成の手間はありますが、現地での送出機関や監理団体が募集・選抜・教育した実習生が活躍してくれるので企業側の採用リスクは最小限と言えます。

受け入れ企業が、実習生の監理団体へ求人票を提出してから入社までは、約6~7ケ月間

位かかりますが、日本で求人情報を媒体に出し いつ社員を採用できるのか不明確よりも「入社までの期間が約6~7カ月」と把握できるのは、受け入れ企業側にはメリットがあると思います。

若い活力ある人材採用が可能

現在の少子高齢化の中で、若い労働力を確保することは、どの企業でも苦戦しています。

実習生は20~30歳代と年齢も若く、母国の経済発展のために日本で働き 優れた技能を習得する向上心が高いため、労働意欲と目的意識の高い人材採用が可能となります。

入社後は指導員のもとで生産活動や工事施工も「実務」の実習が含まれる為、肉体労働が求められる現場においても生産性の向上が期待できます。

社内の活性化とコミュニケーションアップ!

技術を習得するという目的を持った技能実習生は、とても意欲的で熱心な人が多いです。

そのような実習生たちの、仕事に対する姿勢や勤勉さに触れた全従業員にとって良い刺激となり、社内の活性化につながります。

また、技能実習生がいる事で社員が積極的に話しかけたり・教えたり・共有したりするようなカルチャーが生まれ、社員同士の円滑なコミュニケーションアップにつながります。

作業工程やルールの見直しを計る

生産業種では、技能実習生を受け入れるための作業工程の確認とマニュアル化・労働の為に必要な基本ルールなどを作る必要があります。

改めて一連の作業工程やルールを見直しする事で、生産の効率改善や社員のモチベーションを向上させることにもつながります。

国際貢献と企業のグローバル化に対応

外国人の技能実習生制度は日本政府が推進する制度で、その制度を活用することは国際貢献への寄与につながります。

また、技能実習生の受入れは社内の国際化に大きな経験ともなり、技能実習生を通じて現地の人材の特徴や付き合い方などのノウハウが自然に身につき、海外との取引においても大きなアドバンテージとなるでしょう。

更に、技能実習生の期間が満了し帰国後も交流を続ければ、将来その国への現地雇用を含めた、海外進出の足掛りが期待できます。

デメリットは?

外国人による言語の問題や風習・文化の違いによるコミュニケーションの問題や、多くはないですが失踪などもあり得ることなどの課題があります。

制度の正しい活用を!

外国人技能実習制度は、母国の経済発展のために日本に訪れている人達の未来、ひいては受け入れ企業の未来、そして日本の未来を明るくすることができる、非常に有効な制度といえます!

愛知県、名古屋市をはじめ外国人材雇用をご検討の方は、
実習生、特定技能問わず、全国対応いたします。
申し込みご希望の場合は、当組合までお問い合わせください。

▼詳しくはこちら

https://sanesu-lp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA