fbpx
TOP / ブログ

知っておきたい実習生のトラブル

技能実習生の受け入れを検討している事業主様、あらかじめ知っておきたい、一般的に起こりうるトラブルにつてご紹介します。

①失踪

技能実習制度は技術移転のための国際協力が主な目的です。日本の技術力を発展途上国に移転できるのは素晴らしいことですが、同時に『技能実習生失踪』という課題も抱えています。この問題はトラブルの中でも上位であり深刻な問題となっています。

原因は様々ですが、主な原因として「賃金が安い」「パワハラを受けた」「実習期間終了後も日本で働きたい」等があげられます。

また、企業側に問題がある場合、「残業時間等不適正」「契約賃金違反」「最低賃金違反」「その他の人権侵害」「賃金からの過大控除」など賃金に関する違反が目立っています。

実習生の中には、借金をして日本へ来ている人も少なくないため、技能を身につけるだけでなく、お金を稼ぐことも目的としています。そのため、契約通りの賃金が払ってもらえないなど不満が募ると、より多くの給与をもらえる仕事に就くために失踪することがあります。

自社の技能実習生の中から失踪者が出ると、警察や入国管理局の調査を受けることになり、企業イメージを下げかねません。

また、技能実習生が失踪して、労働環境や賃金などについて企業側に不正が発覚した場合、以下のデメリットが生じます。

・企業名の公表

・優良認定要件の減点

・技能実習生の受け入れ停止

②途中帰国

技能実習生が途中帰国する理由の一つに、夢を持って来日したものの、現実とのギャップに苦しむことがあげられます。

来日するために日本語や日本の文化を学び、試験に合格といった努力をし、母国では周りから期待され送り出されます。そんな彼らが実際に働いてみると、低賃金、負担の大きい肉体労働、休日出勤、単純労働の繰り返しなど劣悪な環境に配属された場合、思い描いていた夢と現実の大きなギャップで途中帰国してしまいます。

こうしたギャップを最小限にするため、来日する前に実習生が労働条件や就業環境をしっかり理解できる仕組みを持った管理団体を選ぶ必要があります。

③病気

技能実習生候補者は来日する前に、現地で健康診断を必ず受けます。

病気等問題が無ければ日本で技能実習生として働くことができますが、健康上に問題があった場合、その候補者は不採用となります。

来日後も雇用者は1年に1度健康診断を受けさせなくてはなりません。

もし病気になってしまった場合、日本で治療することを主としていますが、病気によっては帰国し母国での治療を望む実習生もいます。

④喧嘩

技能実習生同士や日本人従業員と喧嘩をすることがあります。

文化の違いやコミュニケーションでのすれ違い、うっぷんがたまって喧嘩に至るケースが多いようです。

実例:1.日本人従業員と喧嘩をした技能実習生の顔に傷ができた

   2.いつも通り家族とテレビ電話をした

   3.その家族はひどく心配し、労働省に連絡、傷の写真を見せた

   4.その技能実習生の国の大使館と、外国人技能実習機構から監理団体へ連絡が入る

   5.大使館は大変ご立腹で警察へ連絡するという

   6.監理団体は通訳と共にその技能実習生に会いに行き、警察へ行くか裁判をするか、今後どうするか意思確認を

    行った。  

   7.当事者である技能実習生は、こんなに大事になっていることを知らなかった

   8.解決策として、当事者同士が対面して謝罪し合い、今後繰り返さないよう和解書にサインをさせた。

実例のように、喧嘩による暴力によって国際問題に発展することもあります。

⑤金銭トラブル

家賃の金額が合わず、支払いを統括していたリーダーの技能実習生が着服を疑われた実例です。その技能実習生は居ずらくなり、わずか1年で途中帰国してしまいました。実際には着服していなかったことが後にわかっています。

⑥コミュニケーション不足

一般的に、技能実習生はあまり日本語が話せないまま日本へ来日するため、技能実習生と企業側の意思疎通がうまく行かない事があります。さらに受入れが初めての企業は、外国人とどのようにコミュニケーションをとればよいのかわからず、お互いが受動的なコミュニケーションとなってしまいます。

コミュニケーション不足から、技能実習生はストレスや不安を抱えるようになり、様々なトラブルへと発展していくケースは少なくありません。

6つのトラブルをご紹介しましたが、必ず起こるというわけではありません。

サンエス協同組合ではトラブルゼロを目指し、一つ一つの問題に対し対策を講じています。

些細な事でも丁寧に対応し、再発防止に努めます。

技能実習生と企業様にとって技能実習制度が有意義なものになるよう尽力を尽くします。

当組合では、日本語レベルN4以上の人材の中から厳選された、スリランカ技能実習生やフィリピン技能実習生をご紹介いたします。

真面目で優秀な人材の紹介をご希望される企業様は、当組合へお問い合わせください。

スリランカは日本と同じ仏教徒が多く比較的日本に馴染みやすい人種でもあります。

真面目で素直なスリランカ実習生やフィリピン実習生を自信をもってお勧めいたします。

詳しくはこちら▼

https://sanesu-lp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA